着物の柄と髪型の奇跡¥580K

馴染みの浅草の男性。職人気質で優しい中身とは一見裏腹に、華やかなのが好きな男性。よくある無地の着物は着られません。

今回は、彼にお会いできるということで、彼のことを想って染めてみました。

二年ぶりにお会いするので、地色は付けずに、全体にぼかし染めのお着物を染めていきました。
A familiar Asakusa man. A man who likes to be gorgeous at first glance, contrary to his craftsmanship and tender contents. You can’t wear the usual plain kimono.

This time, I was able to meet him, so I thought about him and dyed it.

We met for the first time in two years, so we dyed the kimono with blurry dyeing throughout without coloring the ground.

55

特に、右袖のぼかしは流線形。左袖のぼかしは格子を変化させたプリズムの染め方と、袖のデザインが違うのも、珍しいところ。
いざ彼に出会うとびっくりしました。
写真では分かりにくいと思いますが、頭の両側に、それぞれのぼかし染めとぴったり同じ形のラインが入れられていたのです。奇跡でしかないと思いました。
地色は、赤系かなと思いはしていたものの、彼が気に入るような派手な色がそこに無かったのですが、履いていた靴の色が良いとのことで、それを参考に染めました。

男性付け下げ 58万円(お仕立て税込み)

特に、右袖のぼかしは流線形。左袖のぼかしは格子を変化させたプリズムの染め方と、袖のデザインが違うのも、珍しいところ。
いざ彼に出会うとびっくりしました。
写真では分かりにくいと思いますが、頭の両側に、それぞれのぼかし染めとぴったり同じ形のラインが入れられていたのです。奇跡でしかないと思いました。
地色は、赤系かなと思いはしていたものの、彼が気に入るような派手な色がそこに無かったのですが、履いていた靴の色が良いとのことで、それを参考に染めました。

男性付け下げ 58万円(お仕立て税込み)

特に、右袖のぼかしは流線形。左袖のぼかしは格子を変化させたプリズムの染め方と、袖のデザインが違うのも、珍しいところ。
いざ彼に出会うとびっくりしました。
写真では分かりにくいと思いますが、頭の両側に、それぞれのぼかし染めとぴったり同じ形のラインが入れられていたのです。奇跡でしかないと思いました。
地色は、赤系かなと思いはしていたものの、彼が気に入るような派手な色がそこに無かったのですが、履いていた靴の色が良いとのことで、それを参考に染めました。

男性付け下げ 58万円(お仕立て税込み)

ギャラリーアーカイブ