ペットの絵オーダー猫編¥180K~

四代目洋平の最初の名古屋帯であり、『100 handmade storys』という本にも掲載されたのは「ペットの絵」でした。
実は週刊少年ジャンプで担当が付いたこともある洋平は、人物と同じく、ペットの犬や猫の「表情」を描くのが得意。

初めて猫の帯を描いてから15年ほど。当時は猫柄さえ珍しかったですが、今では猫猫猫。。それでも、お家の子を描く着物作家はほぼおりません。

これまで、犬や猫は勿論、馬やカエル、鳥や、はてさて金魚まで描いてきました。(金魚だけは個性をつかめた気がしませんが、ご依頼主はお喜び下さっていたので、良かったのでしょう。)

事例はもう、100を超えますが、こちらには、その一部を公開いたします。
また、朝日テレビの「LIFE~夢のカタチ~」でも、手描きで染めているところが出てきますので、動画の添付をしておきますね。

〈付け下げ〉(猫ちゃん5匹)   28万円~38万円(お仕立て税込み)
〈名古屋帯〉(お太鼓1匹前腹1匹) 18万円~25万円(お仕立て税込み)
〈お持ちの生地に染める場合〉1匹5万円(地色アリの生地の場合は6万円)ガード抜きは別途1万円です。

25

名古屋帯お太鼓です☆

お太鼓には成長した姿、お着物の裾には小さいころの姿☆そのほか、「むぎ」と言うお名前で落款を作って、帯の垂れに押したり、遊び心も抜群です☆

縁側で寝てる子。気持ちよさを描きたいなと思います。

名古屋帯 前腹  二匹の力関係から、構図を決めました☆

名古屋帯 お太鼓 ふてぶてしい性格らしく、表情に出しました。カップに入るのも、可愛いよりふてぶてしいを感じるから、不思議なものです☆

名古屋帯 お太鼓。呉服屋さんの店員さんからのご依頼です。お店に行く度にしめてくださってたり、僕のいないところで盛り上がって下さっているらしく、嬉しい限りです☆

初めてのテレビ出演、テレビ朝日「LIFE~夢のカタチ~」10分過ぎから猫ちゃんの下描きなしの名古屋帯を染めています。

ギャラリーアーカイブ