「公式」地獄少女お衣裳¥380K

いよいよ公開間近、『地獄少女』!!

メインキャラクターの一目連、風彩染を着て頂いております☆

「風の着物を探していました」と、今回のコーディネーターさんが仰っていて、それなら日本で一真工房しかありませんから。という流れ。監督にご提案くださった着姿は、なんとこれ。。

「ちょっと照れるわ!!」

ということで、テロップにも、風彩染一真工房流れます。

お楽しみに。

僕は勿論これ着て劇場へ足を運びます。

男物羽織:価格380,000(お仕立て上がり税込)

男帯:150,000円(お仕立て税込み)

33

こちら一目連(いちもくれん)。刀の妖怪。このぼかしの、刃のような風がリンクしますね☆

主人公の少女に付き従う「三藁」という妖怪たちの一人です☆

これは全て筆による手染め。きりっとした印象ですが、糊や蝋などの、「防染」というものを使わず、腕だけでこのくっきり感を出しています。これは、とーっても希少な技術なんですよ。プリントでは、けして再現できない匠の技になります。

四代目洋平はこの羽織、10年以上着てますが、ほんとーに、褒められます。大阪駅で、着物姿のマダム集団10人くらいに囲まれて、「うわーっええ着物やん!!」って褒められまくり(さすが大阪)「わたし、あなたの着物より羽織好きやわ!!」と褒められ(なんじゃそりゃ!)たり、役者さんにも褒められ、女性方にも何度か全く同じものが欲しいとご注文頂き。

染めるのもめちゃめちゃ難しい。思い出深いものです。

ギャラリーアーカイブ