こだわりのお仕立て料金

①全て、最高級「国内手縫い仕立て」です。

一般的な「海外仕立て」の価格より、工房直接の強みを生かし、廉価で設定して、国内の仕立て職人を守ります

分かりやすい値段表(裏地等すべて込)

お着物は、お好きな反物をおえらび頂くと、採寸してジャストサイズで手縫いのお仕立てをいたします。

お仕立てには「国内手縫い仕立て」と、「海外手縫い仕立て」、その他「ミシン仕立て」などがあります。

お仕立ては一真工房では、全て「国内手縫い仕立て」いたします。

お仕立て代には、お仕立て代以外にも、湯のし、裏地代や、
備品類代が必要ですが、全て含めた価格にしております。
内訳としましては、お着物には、湯のし1500円・高級胴裏8,000円・高級八掛10,000円(別染めは15,000円)を含みます。また、長襦袢の
背伏せ500円・衿芯500円・居敷当て1,500円が含まれます。
また、黒留袖の、比翼正絹12,000円も含まれております。

何故「国内」にこだわるか?

ちょっと真面目なお話・・・

お仕立てされる時、国内でされてますか?それとも、国外でされてますか?ご存知ないまま任されてませんか?

何も言われなければ、海外でお仕立てしていることもあります。理由は?安いからです。といっても、数千円の差です。

勿論安いに越したことはないかもしれませんし、海外仕立てが粗悪なわけではありません。海外は、袖なら袖、ばかりを縫うというように、一反の着物を分業化するということも聞いていますから、技術も上がることでしょう。

しかし、それ故に、通り一辺倒のことしかできません。たとえば一真工房の帯は、ふくよかな方にも結びやすいように長めなのですが、手先に重要なポイント柄があるにもかかわらず、何の確認もせずに定位置でズバッと断たれてしまったことが4回ほどあります。着物への気遣いがある人間ならば、まずしないでしょう。

それでも、海外でたくさんのお仕立てがされることで、今の着物業界が回っているなら、存在意義もあります。しかし、、、、、

国内の仕立て職人は、どんどん高齢化しています。僕ら手描きの人間と同じです。なぜか?儲からないから、若い人がしないんです。国内が空洞化して、良いのでしょうか?たった数千円の値段差の為に。

一真工房は、小さな工房です。しかし、同じ立場の国内の職人を守りたいのです。産地の地場を活かし、海外仕立て並みの金額で国内仕立てを出来るようにしております。