手順③-A 生地を選ぶ

17

生地も色も、貴方自身の分身である「貴方の柄」Your own patternを活かすために大切な要素です。

生地は、「柄」と、「質」がとても大切です。
生地の端を見てください。日本製?産地は?残念ながら、大量生産品には、あまり良いものは使われません。そして、生地質は、値段の高騰と反比例して、悪くなっていっているようです。

生地質は、一般の方には判断は難しいでしょう。着物を着だすようになると段々と解ってきます。ですから、ここは信用ください。
一真工房では、最高級品しか扱いません。

そして、様々な柄があります。
縞や市松などのシンプルなものから、猫や傘、トルコの街や万華鏡、花更紗や名物裂。
可愛い。可愛いの中でも、甘く可愛いのか、華やかに可愛いのかでは異なります。

その場にぴったりのが無ければ探します。
この時間も楽しい時間。工房ならではの時間となります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。